見出し1

|リフトの搬器(椅子)取付を行いました(11月18日)

リフト工事がほぼ完了していよいよ搬器の取付が始まりました。
当日は、雨・風と大変な日となりましたが今シーズンからのリフト運転スタッフ5名も参加して研修を兼ねての取付となりました。
搬器がつくといよいよシーズンが待ち遠しくなりますね!
運転スタッフも、安全な運転ができ、お客様に喜ばれるように研修を積み重ねていきますので期待してください!
















|リフトの救助訓練を行いました

運転スタッフによる救助訓練の模様です。
通常のリフトは電気で運転していて、停電になると予備エンジンにより運転ができますが、何らかのトラブルにより運転できない場合にリフトに乗っているお客様を救助する必要があります。
そのためにスタッフが訓練をして非常時に安全に対応できるようにするためのものです。

 













|降雪の模様(H29.12.13)
冬型の気圧配置となり、国仲にも降雪がありましたがスキー場の降雪状況です。
以外と積雪がなく20cm程度でした。

   山頂駅                        山麓駅
 


      ジェットコース(左)とファミリーコース(右) ブッシュが見えてました










|島内回覧用ポスタ完成

島内のOPEN看板と回覧用ポスタが完成いたしました。
未来永劫に平スキー場が発展し島民の冬季スポーツの遊び場として愛され、楽しめるようにという思いで作成いたしました、是非一度はお越しくださいスタッフ一同お待ちしております。



 



公民館スキー教室の案内です
















|安全祈願祭 H29.12.25
新ロッジにて佐渡市長をはじめとする11名の招待客をお迎えして安全祈願祭が開催されました。
神主様より新設されたロッジ・リフトの祝詞奏上や玉串拝礼等と安全祈願が無事終了し今シーズンの安全を祈願いたしました。
また、スキー協会の廣瀬会長挨拶では長年の夢が実現した事や、例年の倍の島内小中学校生徒がスキー授業に参加すること等が紹介されました。
いずれにしても短いシーズンですが冬場の体育館として皆様に安心して利用していただけるようにスタッフ一同おもてなしの気持ちでお迎えいたします。

 




 












|新年あけましておめでとうございます。(H30年1月4日)
新年あけましておめでとうございます。
いよいよオープンまで9日となってきました、本日の平スキー場の状況ですが積雪が30〜40cmくらいです、今回の寒気がもう一度来てくれるといいかなといった感じです。
しばらく雪模様が続くようですので13日(土)のオープンには間にあってほしいものとスタッフ一同思っています。

 




ジェットコースにはまだブッシュなどが・・・・・・!うーんもうひと降りお願いします。















|オープン前の様子(H30年1月10日)
平スキー場の様子が日々変わっています。
ロッジ入口のコースガイドや注意看板・新潟交通バス停設置・オープンセレモニーのスノーモービル体験のためのコース
下見等です、積雪状況は明日以降の雪頼みといった感じですが、きっと素晴らしい条件でオープンできるものと信じて準備をしています。
皆様のご来場お待ちしております。









 












|オープン前日の様子(H30年1月12日)
いよいよオープン前日となりました、スキー場運営スタッフ・スキー学校スタッフと最後の準備をいたしました。
積雪も80cmとなり今回の寒波で問題なく滑走できるようになりました。
スキー場には注意喚起の看板等で皆様に安全にご利用していただけるように準備しています。
また、オープニングの日にはセレモニや雪上車体験・スノーモービル体験などを予定しています、リフト運転時間は10時30分予定となっていますのでよろしくお願いいたします。雪上車体験は、林間コースを12時まで規制させていただきますのでご協力お願いいたします。
スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。
なお、防衛庁管理道路通行時にはスタッフの指示に従って安全に上ってきてください。

 















|オープンしました(H30年1月13日)
長年の夢がいよいよ動き出しました、二日前からの降雪でゲレンデは滑走可能となりました。本日は午前中穏やかな天気に恵まれ盛大にオープニングセレモニーが開催されました。
開会宣言、市長挨拶、経過説明、安全の誓い等の後にテープカットがあり、市長によるリフト入電式によりリフト運転開始となりました。感激!!!
更に、自衛隊様による雪上車乗体験・スノーモービル愛好者による乗車体験も高評でした、またサドッキーも現れ滑走するという普段では見られない光景もあり場内は盛り上がっていました。
オープンを待ちわびたスキーヤー・スノーボーダーが300名もご来場いただきスタッフもチョットビックリいたしました。
今シーズンが始まりましたが皆様が安心・安全に遊べるようにスタッフ一同運営していく所存でございますので皆様のご来場よろしくお願いいたします。

 


 

 

 


 














|スカイライン入口に案内幕を取付ました(H30年1月16日)
大佐度スカイライン入口の白雲台看板に平スキー場の案内幕を両津面と佐和田面の両方に取付ました。
短いシーズンなので、少しでも市民の皆様に今まで以上に知っていただき、一人でも多くの方からご来場いただけるように
という思いで作成しました。
もちろん、関係各所の了解を得てとりつけました、金北山と平スキー場が目を引く素晴らしいコースガイドです、スキー協会の芸術部が作成した物です。
まずは一度スキー場に足を運んで見てください。

 

 












|佐渡市消防署救助訓練が行われました(H30年1月17日)
平スキー場運営スタッフによる救助訓練の模様はご案内していましたが、本日は佐渡市消防署によるリフト救助P訓練が行われました。
あいにくの雨の中での訓練となりましたが、まさかの時の対応を確認しながらキビキビとした動作で統率の取れた訓練が実施されました。来週の24日にも行われる予定です。


 
 

 











|20日の再営業に向けて(H30年1月19日)
先日来の雨で平スキー場の雪は激減しました、18日と19日を休業日としてご迷惑をおかけいたしましたがスタッフ一同で再営業に向け雪入れや排水路作成などのゲレンデ整備をしてきました。
明日20日に少雪の中ですがどうにか再営業ができるようになりました、しかし降雪がない事にはどうしようもなく降雪を待つ形となっています、ゲレンデにはブッシュや地面が出ている個所はありますがご来場者様には十分気を付けてご利用お願いしたいと思います。
リフト乗り場・降り場にも雪入れをしましたが写真のように廊下みたいになっていますのでご注意をお願いいたします。


   リフト降り場の状況(雪の廊下です)          水路により溜まったミズノ流れをよくしました
  



 まるでスキー場のようではないですね、排水がよくなれば降雪を待のみです

 










|20日〜21日の状況(H30年1月21日)

週末の1月20日・21日ご来場の皆様ありがとうございました。
また、少雪でゲレンデコンディションが非常に悪くご不便をおかけしました。
我々スタッフも明日からの大寒波を期待しています、25日(木)からはオープン当日のような素晴らしいゲレンデコンディションで皆様を迎えられるよう準備いたしますので、またのご来場よろしくお願いいたします。

   









|新潟日報の「窓」に投稿がありました(H30年1月22日)

1月22日(月)新潟日報の「窓」のコーナーに「チェアリフト設置に感慨」と題し投稿がありました。
投稿者は、佐渡スキー協会前会長の大屋昌彦さんです。
今までの苦労話など夢のリフト新設へと変貌を遂げた「平(ダイラ)マン」の声です。