見出し1
・6月18日発生の山形・新潟地震の影響について


 この度の地震における平スキー場の被害確認を実施いたしました。

 索道・ゲレンデ・ロッジについてあくまでも目視点検ではありますが特に異常は見られませんでした。

















・馬の放牧が始まりました

 

 7月中旬より10月頃まで馬の放牧が始まりました、これは島内の祭事などのために飼われているな馬の餌が豊富にあると のことで放牧をし たいとの申し出が佐渡市にありました。

 スキー協会にも打診があり、ほかのスキー場でも放牧をしてゲレンデ草刈りの軽減や放牧を継続することにより野芝など が増えてくるなどの  話もあり相乗効果があるのではないかということで放牧を了承いたしました。 

 放牧エリアはゲレンデマップに赤線フリーハンドで表示しました。

 このエリアには馬が逃避できないように電気柵で囲ってありますのでスキー場見学などにご来場された方には十分注意を していただきたいと 思います。(3カ所に注意看板掲示済み






















・第70回下越選手権大会の反省会と挨拶に役員の方々が来島(7月21日〜22日)


今年の2月24日に行われた第70回下越選手権大会の反省会と関係各所への挨拶のために下越協議会の会長はじめ5名の方が来島されました。

21日(日)の午後から金井コミセンにて下越役員5名と佐渡スキー協会6名で反省会を行いました。

冒頭、佐渡スキー協会廣瀬会長より歴史のある大会を開催していただいた感謝の言葉などがありました、その後下越協議会高橋会長からの70年前の敗戦後の日本でこの大会を計画して開催したことの感謝などが話されました。

そして、今年の大会の市民の関心度はどうだったか?少雪の中での開催準備で企業、自衛隊さんの協力得た苦労話などが話されました。

今後についても数年単位で大会やポール体験会を開催したいとの提起がありました。今後の計画に期待いただきたいと思います。

翌22日(月)には佐渡市長、教育長、佐渡市スポーツ協会長、航空自衛隊佐渡分屯基地司令への挨拶を終え帰途につかれました。